途中で元気がなくなる、アルギニン、カンカ、ED(勃起不全)の情報集めました。効果・効能・作用・副作用・勃起不全の解消に

アルギニンのその他の効能とは?

アルギニンのその他の効能とは?

成長ホルモンとアルギニン

アルギニンの違う役割として、成長ホルモンを放出させることがあげられます。30グラムのアルギニンを静脈注射すると、ブドウ糖・インスリン・グルカゴン・成長ホルモンの血中レベルが急速に上がるそうです。

「成長ホルモン」は骨と軟骨の成長を進め、脂肪組織から脂肪酸を放出させる一方でたんぱく質のアミノ酸への分解を抑える働きがあります。

成長ホルモンが放出されることで怪我の修復が進みます。アルギニンはこうしたキズの修復に効果が期待されていますが、アルギニンを経口摂取すると成長ホルモンが放出されるというのは間違いであるようです。
 

免疫力向上に役立つアルギニン

アルギニンは免疫力向上に効果が期待されています。アルギニンは心臓の少し上にある胸腺という器官を刺激し、白血球を増産させる為感染症やキズ、火傷からの回復速度が向上すると考えられています。

私達の体がストレスに襲われると胸腺が縮小し、白血球が減少する為免疫力が下がり病気にかかりやすくなります。アルギニンによってこうした現象からも私たちの体にとって有効に活用できると考えられています。

身長を伸ばす為にアルギニンは有効か?

アルギニンは成長ホルモンとしての側面を持つ事は先述しました。では身長を伸ばすためにアルギニンを接種するというのは有効なのでしょうか?

例えば子供は成長期たくさんの成長ホルモンを分泌している事がわかっています。この成長ホルモンは身長を伸ばしたり、骨を強くする働きがありますが、アルギニンはこの成長ホルモンの分泌を促進させる役割を持っています。

アルギニンは乳製品や豆類などの良質なたんぱく質を摂取すれば、必然的に体内で合成されますが現代のバランスが偏った食生活では成長期に十分な量のアルギニンが生成できない事があるそうです。

また、低身長症など成長障害などの場合もこの成長ホルモンは深く関係しています。治療として成長ホルモンを投与する事もありますが
こういった場合は医師の診断を元に接種しなければ適量がわからず危険です。

簡単なサプリメントなどを過剰摂取するのはいずれにしても控えた方が賢明と言えるでしょう。

アルギニンは免疫を高める

アルギニンの役割に免疫力が高まることがあります。アルギニンは、心臓のやや上にある胸腺という器官を刺激して、白血球を増産させるため、感染症、傷、やけどからの回復スピードが上がるのである。これを「アルギニン効果」と呼んでいます。

わたしたちがストレスに襲われると、胸腺が縮小し、白血球が減少するため、病気にかかりやすくなるが、アルギニン摂取により、ストレス時にも胸腺の大きさを維持できれば、白血球が増産きれるので、疾病を免れるのです。
 

腎臓の悪い人は摂取を避ける

天然のアミノ酸、アルギニンの効果はすばらしいが、それでも副作用はある。毎日5グラム以上のアルギニン摂取で下痢の症状が見られたし、肝臓の悪い人、腎機能の低下した人が、1日に40~60グラムのアルギニンを摂取すると、腎臓がやられてしまい、生命に危険が及ぶことが報告されています。男性に下半身の悩みはつきものだが、腎臓の悪い人はアルギニンを飲まないのが賢明です。

また、統合失調症患者もアルギニンのサプリを摂取してはいけません。へルペスウイルスやほかのウイルスに感染している人も避けるべきです。アルギニンがウイルスの突然変異の速度を早めると考えられています。

低身長症にアルギニンを

低身長症と表現されることが多い「成長ホルモン分泌不全性低身長症(下垂体性小人症)」とは一体どんな病気なのでしょうか?

これは、脳の下垂体という器官から分泌される成長ホルモンの量が少なくなり成長に支障をきたす病気です。低身長というのは、かなり率の低い割合で発生していますが、それでも診断を受けた場合は深刻です。

ほぼ原因不明のこの病気は特発性で、その内約5%は、脳腫瘍などのの器質的な原因で起こると考えられています。

極稀ですが、成長ホルモンや成長ホルモン放出因子の遺伝子の異常や、下垂体の発生に関係する遺伝子異常の遺伝性のものも存在します。

 

治療にアルギニンも使われています

成長ホルモンを投与し、成長率の改善を図るなどの処置がポピュラーなようです。成長ホルモンの投与は、方法として注射しかないため、遺伝子組替え成長ホルモンを週5~6回に分けて投与します。

成長ホルモン治療は自己注射が認められていますが、基本的には日々の生活の中で自身で皮下注射する事が多いそうです。

今は低身長でなくても、著しく成長率の低下がみられる場合などは、出来る限り速やかに小児内分泌専門医に診てもらう方が良いでしょう。成長ホルモン分泌不全性低身長症以外のホルモンの病気が隠れている場合もありますので、成長ホルモンを投与する場合も、専門医と相談しながら続けていく事をお薦めします。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

共用サーバー