途中で元気がなくなる、アルギニン、カンカ、ED(勃起不全)の情報集めました。効果・効能・作用・副作用・勃起不全の解消に

FrontPage

アルギニンについて

画像の説明

体力に満ち溢れていたあの頃に若返りたい、下半身の機能が衰えた男性ならば誰もがそう思うことでしょう。このホームページでは、近年勃起回復に効果があるとされているアルギニンについて様々な観点から情報を整理し、効果・効能以外にもどのような作用があるのかをまとめていきます。EDで悩んでいる方にとって、何かの参考にしてもらえれば幸いです。

 
アルギニンの宣伝をみると、どこもそういった状況が回復するような宣伝文句ばかり目にします。そもそもアルギニンというのは肝臓で他のアミノ酸が変化してつくられるモノなのでわざわざ接種する必要があるのだろうか?と思います。また、必須アミノ酸には指定されていません。

 

アルギニンの必要性

画像の説明

アルギニンが必須アミノ酸ではない事は先述しましたが、とはいえ状況によっては必須アミノ酸になる場合があります。たとえば成長期やストレスを受けている場合、ウイルス感染時、トラウマに襲われた時などは十分な量のアルギニンの接種が欠かせません。

このような状況においては体内の生産だけでは追いつかないので、それ以外で摂取する方法は有効だと言えます。

アンモニアとアルギニン

生体が危険に晒されたときこそアルギニンは重要な役割を果たします。その役割はとても幅広いものです。脂肪や糖類と異なり、たんぱく質は生体で代謝され最終的にアンモニアができます。

このアンモニアというのは私達の体に無数に存在する細胞にとってはかなりの毒物なのです。

加えて、アデニンやグアニンといった遺伝子の部分が代謝されても腸内細菌によってアミノ酸からアミノ基が取り除かれてもアンモニアはできてきます。

ある量までのアンモニアは人体の酸性、アルカリ性のバランスを維持しphを調整する役割を持ちますが、これが余剰に出てくると細胞にとって甚大な被害を与えることになるのです。

 

怖いアンモニアとアルギニン

アンモニアの恐ろしい所はそれだけではありません。アンモニアは血液~脳関門を簡単に通過する為、脳内の神経細胞に致死的なダメージを与えることもあります。肝臓が悪くなると脳に障害が出やすいのもこの為です。

アルギニンはアンモニアを毒性の少ない尿素に変換してくれます。こうしてアンモニアは無毒化され、尿と一緒に体外に排泄されるのです。
 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

共用サーバー